包茎手術の専門病院である美容クリニックについて

包茎手術の専門病院である美容クリニックについて

包茎手術の専門病院とは、美容クリニックなどとなります。厳密には包茎手術のみを行っているわけではありませんが、包茎に関しては美容クリニックの他の部門とは分けられていることが多めです。

 

他に、泌尿器科でも包茎の手術は行っていますが、こちらは包茎専門というわけではありません。性病を始めとした他の病気にも担当しており、包茎も扱っているというのが正確です。

 

また、美容クリニックと泌尿器科では大きな違いがあります。まず、泌尿器科で行われるのは治療となります。そのため、包茎の中でも健康に悪影響が出る真性包茎やカントン包茎の手術が主体です。

 

仮性包茎の手術を行うこともあるでしょうが、どのケースであっても必要最低限の施術しか行わないと思われます。

 

包茎の治療は行うものの、外見を良くする、包茎手術を行ったことを隠そうとするといったことは行ってくれないでしょう。手術の傷跡を目立たないようにするという動きはありますが、包茎手術でもそれが行われるかはやや疑問が残ります。

 

それに対して、専門病院である美容クリニックでは包茎を治療するというより、良いデザインにするという方向で包茎手術が行われるのです。そのため、オプションなどが多数用意されています。

 

希望すれば亀頭を大きくする、長茎手術を行うということも可能でしょう。また、目立たないようにして欲しいという願いが聞き入れられる可能性も高めです。一方で、包茎の専門病院では保険を使えないので費用が嵩みます。

包茎手術を行っているクリニックで受けられる長茎手術

包茎手術を行っている美容クリニックでは、包茎手術以外に長茎手術も可能な場合が多くあります。名前だけではどのような手術なのか分かりにくいかもしれませんが、陰茎を長くさせるという目的の施術です。

 

そのようなことが本当にできるのか、と疑問に思われる方が多いのではないでしょうか。美容クリニックで行われている長茎手術が全て同じかは分かりませんが、一般的な手術とは異なっています。

 

メスを入れるのは確かですが、陰茎を切って何かをするのではなく、根本の方をどうにかするのが特徴です。これは知らない方がいらっしゃるかもしれませんが、男性の陰茎というものは、目に見えている部分だけではありません。実は陰茎が体内に埋まっているのです。

 

そんな陰茎を長くさせるテクニックというものが、実は多くあります。専用の器具なども用意されていますが、いずれも基本的な原理は埋まっている陰茎を引っ張りだすというものです。肥満だと陰茎が短いということがありますが、これは肉で陰茎が埋まってしまうことが原因となります。

 

そして、美容クリニックで行われる長茎手術も、同様に埋まっている陰茎を引き出すという手法です。包茎手術もメリットとデメリットがあるように、長茎手術でも同様にメリットとデメリットがあります。

 

メリットは、やはり陰茎を長くさせられることではないでしょうか。デメリットは、体内に埋まっているものを無理矢理に露出させることによる悪影響となります。手術を受けるなら、よく説明を聞いて納得してからの方が良いでしょう。

真珠様陰茎小丘疹手術