包茎手術で包茎をどうにかしたいという方の動機や理由

包茎手術で包茎をどうにかしたいという方の動機や理由

包茎手術を考えているという方は、きっと何か理由があるのでしょう。動機や切っ掛けは様々かと思われますが、突き詰めると包茎という状態が嫌だから手術に踏み切る、となります。

 

では、何故包茎というものが嫌に感じるのかですが、異性からの受けが悪いという理由はあるでしょう。包茎というものが好まれないというのは確かです。

 

または、男性の知り合いに馬鹿にされてしまうということもあります。銭湯に入る機会がある場合、他人の陰茎と自分のものを比べて絶望してしまう、或いはからかわれてしまうということもあるのです。

 

中には、健康の為に包茎手術を行うという方もいらっしゃるかもしれません。包茎の状態は、汚れが溜まりやすいのは確かです。

 

もちろん、仮性包茎程度であれば自分で汚れを落とせば問題はないのですが、剥けている方と比べると衛生面で不利な点は否めません。

 

日本国内ではあまりないでしょうが、外国の場合は宗教上の理由で、そのような土地柄だからという理由で割礼を行うところもあります

 

基本的には包茎にデメリットを感じている、剥けている状態が理想であるという理由で包茎手術を行う方が多いようです。

 

また、包茎によってコンプレックスが生じているということも珍しくありません。前述のからかわれる、というものです。そのため、自信をつけるために手術に踏み切るということもあります。変わりたいという熱意があるなら、手術を受けても良いのではないでしょうか。

小学生という幼少の段階で包茎手術を行うことの是非

小学生の時点であっても、性器について問題になることはあります。剥けている、或いは剥けていないという事実により、イジメやからかいなどが行われるという可能性は否定できません。

 

では、小学生の時点で包茎手術を行っても良いのかですが、行うこと自体に問題はないようです。海外での話ですが、割礼というものを行っている地域もあるので、例え小さくても手術を行うこと自体に問題があるわけではありません。

 

ただ、子供のうちにそのような判断をさせる、或いは親が勝手に判断するという点については意見が分かれるところではないでしょうか。小学校に通っている段階では、包茎について良く分からないという子も多いかと思われます。

 

また、陰茎については思春期に成長するということも考えられますので、仮性包茎程度ならば将来的には問題がなくなる可能性もあるのです。

 

そして、親が包茎手術を推し進めるというのも、必ずしも良いこととは言えません。息子のためを思って、という方はいらっしゃるかもしれませんが、前述の通り改善の可能性がないわけではないのに小学生の時点で手術をするということが良い結果に繋がるかは不透明です。

 

仮に小学生の段階で包茎手術を行うというならば、当事者である子供がきっちりと理解をしていることは前提条件となります。その上で、本人がどうしてもと希望するならば手術という選択肢もあるのではないでしょうか。また、真性包茎やカントン包茎で問題があるという場合はこの限りではありません。

真珠様陰茎小丘疹手術