亀頭ブツブツの種類@性病とそうでない場合の見分け方

亀頭ブツブツの種類@性病とそうでない場合の見分け方

亀頭にブツブツがあると気持ち悪いですよね?女性にも性病だって勘違いされやすいですし、何よりも自分自身が引け目に感じてしまう事があります。しかし、ペニスに出来るイボイボやブツブツは性病とは限りませんし、自然と出来てしまうものなのです。その出来方も個人差があります。多少程度であれば気にすることもないでしょう。亀頭のブツブツには以下の画像のように大きく3つに分ける事が出来ます。

 

亀頭のブツブツの種類

 

フォアダイスは包皮に出来るブツブツです。真珠様陰茎小丘疹はカリ首に沿って出来るブツブツ、タイソン腺は裏筋の辺りに出来るブツブツです。場所によって名称が違うのです。これらの3タイプはいずれも性病ではなく自然とできる生理的な物だとされています。

 

ただし、性病である尖圭コンジロームも上記の画像と同じような見た目で発生する事があります。以下が尖圭コンジロームの画像です。

 

尖圭コンジロームの画像

 

見た目は多少似ていますが、性病のほうは放置しておくとカリフラワーのようにブツブツが肥大していきます。また、出来る場所も様々な部分であり、包皮の内側の皮膚にもブツブツが出来る事があります。このコンジロームは性行為によるヒト乳頭腫ウイルス (HPV) の感染によっておこります。ですので、パートナーの女性に移してしまう可能性があります。いずれにしても気になる人は一度クリニックで診断してもらうと良いでしょう。

真珠様陰茎小丘疹手術