亀頭と包皮が癒着している場合の悪影響や対処法

亀頭と包皮が癒着している場合の悪影響や対処法

亀頭と包皮が癒着することに良いことはありません。悪影響を受けることも多いので、その対処法なども含めて調べてみました。

 

亀頭と包皮の癒着はどうして起こるの?

 

そもそも男性は生まれてきた時は包茎であり、亀頭と包皮も癒着しています。成長とともに包皮と亀頭の癒着は少しずつ解消されていき、小学校の高学年になるとほぼ癒着のない状態になるそうです。

 

しかし、思春期を過ぎても癒着したままのケースもあります。真性包茎の人に多いのですが、包皮と亀頭の間に雑菌が入るなどして炎症を起こした場合、亀頭の粘膜組織が包皮と癒着することがあるのです。また、まれに包皮と亀頭の剥離が子供の頃から行われていない人もいます。

 

包皮と亀頭が癒着することで起こる悪影響って?

 

包皮と亀頭が癒着することで起こる悪影響の1つが包茎です。癒着をしていると、包皮をむいて亀頭を露出させることができません。無理にむこうとすると出血をしてしまう可能性もありますので、仮に癒着しているのだとしたら、手術を受けた方が良いでしょう

 

真性包茎でも亀頭と包皮が癒着をしていないケースもあるようですが、多くの場合は癒着をしているそうです。先述したように真性包茎とは雑菌などが繁殖しやすい環境ですので、炎症などを起こしやすいと言えます。

 

結果、亀頭と包皮の癒着がより進みやすいとも考えられるのです。つまり、炎症を起こして癒着が進み、癒着が進むとさらに炎症を起こしやすい環境を作るという悪循環に陥ってしまいます

 

真性包茎で亀頭と包皮が癒着しているのか調べる方法はあるの?

 

仮性包茎やカントン包茎の場合、ある程度包皮をむいて亀頭を露出できますので、包皮と癒着しているかどうかの判断がつきやすいと言えます。しかし、真性包茎の人の場合は癒着を起こしているのかの判断がつけにくいと思う人も多いでしょう。

 

そこで真性包茎の人でも簡単に亀頭と包皮の癒着が起こっているのか調べる方法を紹介しておきます。方法はとてもシンプルで排尿をする時に包皮の先端部分を指でつまんでみてください。ここで包皮の先端部分が膨らむようであれば癒着が起こっていません。反対に膨らまないのなら、癒着を起こしていると判断して良いでしょう。

 

亀頭と包皮が癒着をしているときはどう対処するといい?

 

亀頭と包皮の癒着が起きているケースの対処法としては手術をオススメします。亀頭の組織も粘膜状態のままですと、かなり敏感ですので、無理にむくことができません。ですので、安全に対処したいのであれば包茎治療の手術を受けることをいちばんだと言えます。

真珠様陰茎小丘疹手術